Atelier hanami
PR

キャンプ、停電対策、さらに節電に!アウトドアや防災に活躍!Jackeryポータブル電源

PR
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

2023年1月17日。
神戸は28年前の今日、阪神淡路大震災で大きな被害を受けました。

それから現在に至るまでにも、日本では東日本大震災を筆頭に大小さまざまな災害がありました。
最近では毎年のように豪雨が発生し、震度4以上の地震が、ほぼ毎月どこかで起こっています。

災害は、いつ誰の身に降りかかってくるか分かりません。
そんな中で私たちにできるのは起こったことを忘れないこと。
そしてその経験を未来につなぐことです。

今日という日をひとつのきっかけに、自分の、周りの人の、みんなの防災について考えてみませんか?

エコな暮らしを始めよう!

Jackeryの日常防災
もしものときも、そうじゃないときも!

ポータブル電源とソーラーパネルを組み合わせたSolar Generatorでキャンプ、停電対策、節電をしよう。

Jackeryの日常防災
「もしものときも、そうじゃないときも」
シームレスで無理なく災害に備え、日々の暮らしを豊かにするための情報をご案内

Jackeryの日常防災
jackeryポータブル電源でできること

アウトドアグッズはキャンプにはもちろん、防災にも役立ちます!

Jackery Solar Generator(ソーラージェネレーター)とは

Jackeryのポータブル電源とソーラーパネルがセットになった製品です。

コンセントがなくても太陽の光さえあれば発電し、ポータブル電源に充電ができるオールインワンの太陽光システムとしてキャンプ、車中泊、さらに万が一の停電時でも確実に電気を確保することができます。

Jackeryの日常防災

ライフラインがストップするような大規模災害時、避難所へ行かず「在宅避難」することを呼びかける自治体が増えています。現実問題、人口が集中する大都市では、避難所に人が集中しても入りきれませんし、大規模な集合住宅で倒壊の恐れがないと判断できた場合は、無理に動かず自宅に避難するのが現実的です。

食料・飲料などの備蓄、非常用持ち出しバッグの準備に加えて、在宅避難を意識してポータブル電源を用意する家庭も増えてきました。

みんなの日常防災

みんなの日常防災のうち、私が311の時の教訓で日常的にやっているものに赤ラインつけておきます

  • 防災セットとの準備とライトをすぐ出せるところに置いてる
  • 以前停電になったとき、スマホのライト頼りだったので、枕元に懐中電灯を備えるようになった
  • 家族で集合場所を決める
  • 3日程度の日用品を分かるところに置いてく
  • まずは自分、次に家族
  • 家族が必要とする1週間分の食料や水を準備してます
  • いつもモバイルバッテリーを持って出かけてる
  • モバイルバッテリー3個
  • 冷蔵庫の食料多め
  • 防災用食品備蓄
  • 車のガソリン満タン
  • キャンプ行っていつでも生きていけるように練習することですかね(笑)

日常防災のススメ。ポータブル電源があれば何ができるのか?

常に備えが必要な地震はもちろん、気象災害も頻発する現代。各家庭では「自助」にあたる災害対策の必要性が年々増しています。食料・飲料などの備蓄、非常用持ち出しバッグの準備に加えて、在宅避難を意識してポータブル電源を用意する家庭も増えてきました。

そこで、「Jackery Solar Generator 1500」を例に、電源が使えなくなった時にJackeryのポータブル電源とソーラーパネルがあると何ができるのか、家庭にあるもので災害時に使えるものはどれかを検証

避難が必要な規模の災害時は、当然ながら「まずは命を守ること、生命維持に務めること」が第一だと指摘。そして、最も必要なのは「水」。次に「情報」、そして夏や冬であれば体調を崩さないための「温度」のコントロールが重要だそうです。「食料」は多めに買い置きするローリングストックが基本とのこと。

ポータブル電源があれば何ができるのか?ポータブル電源とソーラーパネルを 使い検証してみた

まずは「命」次に「水」

防災にも役立つと言うことで「ウォーターサーバー」を設置している人もいるかも。

ウォーターサーバーは電源が使えなくても水が使える方法を確保すること
停電時にウォーターサーバーが電源なしでも使えるかチェック!

ポータブル電源は、電気がないと水が出ないウォーターサーバーを一時的に動かすには便利です。

以前住んでいた所では

エコキュートで水の確保をしていました!

その他、下記サイトで
さまざまな家電の検証をしているのでチェックしてみて!
▼▼▼

ポータブル電源があれば何ができるのか?ポータブル電源とソーラーパネルを 使い検証してみた

 

Jackery Solar Generatorの活用方法

jackery

夏の太陽の力を、今こそ活用しませんか。

個人が持ち運べるソーラーパネルがあれば、キャンプなどの屋外に外出した時はもちろん、ご家庭の中でもベランダやお庭で電気を生み出すことができます。

作った電気をポータブル電源にためて夜間に使用すれば節電にも貢献できます。

今年の夏は、太陽光というグリーンエネルギーを活用した、新しいライフスタイルへと踏み出そう。

活用方法①:​​ソーラーパワーで節電をする

Solar Generatorがあれば、昼間にソーラーパネルで発電した電力をポータブル電源にためて、夜間に家電へ供給できます。これによりご家庭の電力使用量を削減し、節電を実現。さらに高騰する月々の電気代削減にも貢献できます。太陽光というグリーンなエネルギーを使った新しいライフスタイルを始めてみませんか。

▼おすすめ商品:Jackery Solar Generator 708

活用方法②:ソーラーパワーで夏キャンプ

太陽の光さえあれば、ソーラーパネルで発電を行い、その電気をポータブル電源に充電することが可能。冷蔵庫でキンキンに冷えたビールを飲んだり、扇風機で涼をとったり。また連泊キャンプの時もバッテリー切れの心配なし。快適な夏キャンプを楽しもう!

▼おすすめ商品:Jackery Solar Generator 1500

活用方法③:ソーラーパワーで停電対策​

今年の夏は災害時の停電だけでなく、電力不足による停電の可能性もあります。そんな時、大容量ポータブル電源があれば、スマホの充電以外に家庭用のコンセントも使用できるので停電対策にもご活用いただけます。バッテリー残量が少なった場合でもソーラーパネルがあれば太陽が出ている限り充電可能。Solar Generatorは停電への備えとしても最適です。

▼おすすめ商品:Jackery Solar Generator 2000 Pro

Jackery(ジャクリ)について

Jackery ブランドは、創立メンバーにAppleの元バッテリーエンジニアが加わり、2012年米国にてJackery Incとして設立され誕生いたしました。
「Jackery」の語源は「Jacket」と「Battery」を組み合わせたもので、「まるで身に着けるように、バッテリーを簡単に使えるようにしたい」という思いが由来となって名付けられました。
アウトドア愛好者向けや防災向けのポータブル電源やソーラーパネルの普及に尽力。

当サイトでは、Amazonアソシエイトをはじめとした第三者配信のアフィリエイトプログラムにより商品をご紹介、適格販売により収入を得ています。

当サイトで記載しているイラストは一部を除いて自由にご利用可!もちろん商用利用可能です!できる限り、加工してご利用下さい。素材を利用することによって発生したトラブルについては一切責任を負いかねます。

PR
スポンサーリンク
花みをフォローする
Atelier hanami